楽な靴下


履いていて楽な靴下をお探しのあなたへ

履いていて楽な靴下・・・要は締め付けない靴下をつくり続けて50年の靴下職人が創る靴下を履いてみました。履いた瞬間のやわらかい感じ。やさしい感じは他では味わえないもの。やっぱりそこには長年にわたり人に喜ばれる靴下を創り続けてきたことを感じる。もう手放せないほど楽な靴下を発見。
はくのが楽   脱ぐのが楽   長時間はいても楽  感動する靴下

楽な靴下1 はくのが楽


まずは履くのが楽!

靴下の履き口がきついものだと靴下を履くのが大変だったりしませんか?極端な話、片手で履けるくらい履き口が伸びて履きやすいと靴下を履くにもストレスが軽減されます。楽な靴下は何も履いた後のことだけでなく、履くのも楽な靴下って言うのが私的には楽な靴下のこだわりのひとつです。

 



楽な靴下2 ぬぐのが楽


ぬぐのが楽!

楽な靴下は脱ぐのが楽!というのも拘りたいところ。最近では寝る時に靴下を履くという人も増えているようです。ただ寝る時に靴下を履くのにキツイ靴下だと血行が悪くなるのでよくないようです。それでも寝る時、足元が寒いので靴下を履いてねるという人にとって必須なのが脱ぐのが楽という点。

というのも寝ている間に足も暖かくなって靴下を脱ぎたくなったとき、足でもう一方の靴下を脱げるというのがポイント!後でご紹介する超楽な靴下はそれは可能なんです。


楽な靴下3 長時間はいていても楽


当然長時間はいても足が楽!

長時間はいても足が楽というは、一言でいえば無圧ということ。ゴムの後は足にほとんどつかないほど無圧の靴下。ゆるい靴下こそ長時間はても楽な靴下ですね。でもあまりブカブカだと今度はズリ落ちてしまって気持ち悪い。なので無圧でかつ絶妙なフィット感が求められるわけです。

そんな靴下がいったいあるの?と思われるかもしれませんが、50年靴下をつくり続けている職人さんのつくる靴下は物が違います!

大量生産型にはない、手作り感あふれる靴下・・・それは繻エさんという職人さんが作る靴下です。




楽な靴下 作り手の想いが形に・・・


肌と共に伸び肌と共に縮む・・・肌の一部となる靴下発見!

それは今までに経験したことのな感覚でした。繻エさんの作った靴下を履いた瞬間感動さえします。とにかく柔らかくやさしいんです。繻エさんは福祉相談員の資格ももち、50年前から人にやさいい靴下を創っては改良を重ねてきた数少ない(というか日本でただ一人と言ってもいいくらい)靴下職人さんなのです。

靴下を編むのは昭和の古い機械。なぜか?それはいいものを創る拘りがあるから。現代の数値制御された編機ではつくることのできない風合いとやさしさを出すには古い半自動の編機で作る以外にないというのです。ですので一足一足手間隙かけて創られています。

とにかくゆるいのにズリ落ちない!絶妙なルーズフィット感。一度、繻エさんの靴下やサポーターを履いた人はほとんどと言っていいくらいリピーターになってしまうくらい楽な靴下なんです。



●他では手に入らない靴下職人!繻エさんの靴下詳細はこちら→



Copyright 楽なl靴下All Rights Reserved.